茨城県議員会

政策情報

豚コレラ対策で県に緊急要望

2019年09月26日 (木)

 
いばらき自民党(葉梨衛会長)は9月26日、昨年9月に岐阜県の養豚場で26年ぶりに発生が確認された豚コレラが、今月に入ってから埼玉県でも確認されるなど、感染の拡大が懸念されているため、大井川和彦知事に対して、「豚コレラ対策につての緊急要望」を行いました。
「本県への侵入リスクが高まっていることから、養豚農家は不安な日々を送っている」として提出された緊急要望は、下記の4項目について、特段の措置を求めました。
1 豚コレラウイルスの農場への浸入防止対策を的確に実施するため、感染経路や発生原因を早急に解明すること。
2 迅速な患畜の殺処分・埋却等、摘発・淘汰を豚コレラ防疫の基本としつつ、ワクチンの有効な利用方法についても早期に検討を進め、豚コレラの感染拡大を防止すること。
3 野生イノシシの捕獲、駆除を推進するとともに、経口ワクチンの投与地域を拡大するなど、野生動物による感染拡大を防止すること。
4 海外からの豚コレラウイルス等の浸入を防止するため、検疫探知犬を贈頭し、茨城空港へも常時配置するなど、水際検疫をさらに徹底すること。
緊急要望には、葉梨会長をはじめ、自民党県連の海野透会長代行や西條昌良幹事長、細谷典幸総務会長、小川一成、飯塚秋男、白田信夫、山岡恒夫、森田悦男各副会長、伊沢勝徳政調会長の幹部10人が出席しました。
なお、自民党県連(梶山弘志会長)では、9月24日には本県を含めた関東の群馬、埼玉、千葉の3県連と共に、党本部で二階俊博幹事長・岸田文雄政調会長に対し、同様の趣旨の緊急要望書を手渡しました。この要望には梶山会長のほか、西條幹事長や伊沢政調会長も出席しました。

 

 

 

前のページへ戻る