茨城県議員会

政策情報

東日本大震災で知事に調査報告書提出

2011年04月20日 (水)

 
いばらき自民党(西條昌良会長)は4月20日、東日本大震災に伴う「県内調査報告書」を橋本昌知事に提出しました。この報告書は、会派所属議員45人と岡田県連会長ら国会議員が衆議院の7選挙区に分かれ、3月28日から4月5日にかけて実施した現地調査の結果をもとに取りまとめたものです。
報告書は、調査状況と所見で構成され、主な施設の被災状況が写真と文章で分かりやすく工夫されているほか、所見では被災者の声や対応策などを明記し、復旧に向けての補正予算に組み入れるよう求めました。
この日には併せて、「現地調査に基づく緊急要望」も知事に提出しました。被災者の生活支援対策や農林水産業・中小企業対策、風評被害対策などのうち、早急に対応すべき対策など23項目を要望しました。

 

 

 

前のページへ戻る