茨城県議員会

政策情報

東日本巨大震災で知事に緊急要望

2011年03月17日 (木)

 
自民党県連(岡田広会長)は3月17日、県議会のいばらき自民党控室において東日本巨大地震・津波災害対策で幹部役員会を開き、「東北地方太平洋沖地震に関する緊急要望」を取りまとめ、海野透会長代行や西條昌良いばらき自民党会長らが橋本昌知事に手渡しました。
要望書では、各地域の現状に即し、大震災の被災者の救援及び復興支援、県民の平穏な生活の1日も早い確保を図るためとして、以下の5項目を求めました。
1 被害の全容を正確に把握され、必要な対策を迅速かつ的確に講じるようお願いします。
2 激甚災害指定のもと、公共土木施設等や農地等の被害に対する災害復旧事業について、必要な予算の確保と迅速な実施をお願いします。また、建設業者などに対して金融措置を講じるようお願いします。
3 電気・水道・通信等のライフラインについては、1日も早い正常化に向けて関係機関への働きかけをお願いします。また、鉄道網や高速道路網の完全復旧、バス交通の復旧に対してもご尽力をお願いします。
4 食料等必要物資や暖房用灯油、自動車用燃料の安定供給・流通の確保について、国や関係業界への働きかけをお願いします。
5 福島第一原子力発電所の緊急事態の経過や分析、安全対策について、国に強く求めるとともに、原子力発電所の安全総点検を実施し、風評被害の防止に努めるようお願いします。

 

 

 

前のページへ戻る