女性局

国際支援団体に寄付〜ペットボトルのふたで子供の命を救う活動を〜

2009年07月30日 (木)

 
女性局(局長・深川澄子ひたちなか市議会議員)は、7月30日、県内36の女性部から寄せられたペットボトルのふた約536,000個を国際支援団体「世界の子供にワクチンを日本委員会(JCV)」に寄付いたしました。
 この活動は、党女性局が全国展開する「こどもHAPPYプロジェクト」の一環として昨年7月から実施。女性局の党員21,000人に呼び掛け、今年の6月までに約1.34トンのふたが集まりました。
 ペットボトルのふたを集めることによって発展途上国の子供たちに送るポリオワクチンの購入にあてる運動として取り組んできました。
 今回のペットボトルのふたで、670人分のワクチンが購入でき、発展途上国の子供の命が救えるこの運動を今後も続けていきたいと考えております。

 

 

 

前のページへ戻る