茨城県連を知る

県連情報

7月の参院選に向けて政経フォーラム

2016年04月16日 (土)

 
自民党県連(梶山弘志会長)は4月16日、水戸市内のホテルに党本部の二階俊博総務会長を講師に迎えて茨城県連結成60年を記念する政経フォーラムを開催しました。今回の政経フォーラムは、7月に予定される参議院茨城選挙区の岡田広候補をはじめ比例代表23候補(代理含む)も参加し、会場に詰めかけた約1500人の出席者とともに、勝利に向けて気勢を上げました。
 田山東湖県連幹事長の開会あいさつで始まったセミナーでは、梶山県連会長の主催者あいさつに続いて二階総務会長が約40分にわたり講演。「今、我が党の一番の課題は、経済対策をしっかり進めること。そしてまた、熊本地震を受け、今後更なる災害対策や国土強靭化に本気で取り組んでいく必要性」を呼びかけました。
会場を移して開かれたパーティーでは、岡田広参議院茨城選挙区候補の決意のあいさつの後、西條昌良副会長の音頭で乾杯し懇談に入りました。締め括りは、飯塚秋男総務会長の音頭によるガンバローコールで参議院選挙の必勝を誓い合いました。


関連リンク: