茨城県連を知る

県連情報

定期大会で参院選圧勝を誓う

2013年03月03日 (日)

 
自民党県連は3月3日、小美玉市部室の市四季文化館「みの〜れ」で第58回定期大会を開き、7月の参院選に党公認候補として出馬予定の上月良祐前副知事(50)の必勝を誓うとともに、岡田広会長―西條昌良幹事長体制を引き続き選任する役員人事案などを満場一致で承認しました。
大会には、支部代議員や国会議員、県議会議員のほか、来賓の橋本昌知事や加倉井豊邦JA県5連会長、市町村長など、約700人が出席しました。
主催者あいさつで、岡田会長は「政治の安定が最も大切。参議院のねじれを解消するため、今夏の参院選は一番大事な選挙」などと訴え、上月氏への支援を呼び掛けました。
大会では、平成25年活動基本方針や役員改選など5議案を承認するとともに、大会決議を採択しました。上月氏は「茨城に骨を埋め、茨城の発展、日本の発展に貢献したい」などと決意表明。最後に、白田信夫県議会議長の音頭で、参院選必勝に向けてガンバロー三唱をして閉幕しました。


関連リンク: