茨城県連を知る

県連情報

茨城県連議員総会を開催

2013年10月26日 (土)

 
自民党県連は26日、水戸市内のホテルで議員総会を開き、前日25日の役員選考委員会(座長・海野透会長代行)が全会一致で決定した新会長案を承認し、衆院茨城4区の梶山弘志会長代行(58)の第9代会長就任が正式に決定しました。新幹事長は、梶山会長の指名により田山東湖県議員会長(69)が選ばれ、新体制が発足しました。
今回の役員改選は、岡田広前会長、西條昌良前幹事長が任期途中で辞任したのに伴うもので、新会長、新幹事長の任期は来年3月に予定される党大会までとなります。
議員総会は、党所属の国会議員と県議会議員で構成され、党大会に代わる意思決定機関です。この日はほほ全員が出席し、新体制の誕生を祝うとともに、党勢拡大に向けて一致協力して取り組むことを確認し合いました。なお、田山幹事長は当面、議員会長を兼務します。


関連リンク: