茨城県連を知る

県連情報

岸田党政調会長が台風19号被災地を視察

2019年11月11日 (月)

 
自民党の岸田文雄政務調査会長が11月11日に来県し、1カ月前の台風19号で大規模な浸水被害に遭った水戸、常陸太田両市内を視察しました。党からは今村雅弘政調会長代理(災害対策特別委員長)、金子恭之政調会長代理、足立敏之同委員会事務局次長らも同行しました。
一行は、避難所となっている水戸市全隈町の市少年自然の家、同市下国井町の旧国田少学校跡地に設けられた災害廃棄物の仮置き場、常陸太田市の松栄町地内を流れる浅川の堤防決壊現場を視察。大井川和彦知事や高橋靖水戸市長、大久保太一常陸太田市長らから被害の概要などについて説明を受けました。
各被災地には、地元選出の田所嘉徳、国光文乃、神田裕各衆院議員や岡田広参院議員のほか、自民党県連から西條昌良幹事長、伊沢勝徳政調会長、石井邦一政調会筆頭副会長、西野一組織本部長や、地元の川津隆県議会議長、舘静馬、加藤明良各県議も駆け付け、岸田政調会長に対し早期の復旧・復興に向け、補正予算や来年度当初予算での関連予算の確保などを要望。「しっかりと(予算を)付けさせてもらいます」と、バスに乗り込んだ岸田政調会長のひと言が印象的でした。


関連リンク: