ご案内

選挙情報

参院選圧勝へ2000人が気勢

2013年07月04日 (木)

 
上月良祐(りょうすけ)自民党公認候補は7月4日午前10時から、水戸市内のホテルに支持者ら約2000人を集めて出陣式を開き、今月21日の投票日に向け、出席者全員でガンバロー三唱をして必勝を誓い合いました。
出陣式は、梶山弘志県連会長代行の開会あいさつで始まり、選対本部長の岡田広県連会長、山口武平最高顧問、国会議員代表の丹羽雄哉衆院議員、友党代表で井手義弘・公明党県本部代表代行、産業界代表で加倉井豊邦県農協5連会長が次々と壇上に上がり、上月候補へのより一層の支持を呼び掛けました。
激励を受けて、上月候補が壇上に立ち、茨城の地に骨を埋める覚悟で、この17日間の選挙戦を戦い抜く決意などを表明すると、立錐の余地も無い会場は、万雷の拍手と歓声に包まれました。20歳なったばかりの女性支持者から上月候補へ花束が贈られると、再び大きな拍手がわき起こりました。
続いて、上月後援会の幡谷浩史会長がお礼のあいさつに立ち、トップ当選に向けて更なる支持の拡大を訴えました。出陣式を締めくくったガンバロー三唱は、西條昌良幹事長の音頭で行われました。

 

 

 

前のページへ戻る